さわらいど

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さわらいど

ブルベ3年目の大学生→社会人。主に自転車ロングライドが中心。多摩・長野を中心に走っています。

初級キャノボ挑戦記 【名古屋→東京 24時間】

7/3(土)の午前10時、名古屋→東京キャノンボール(いわゆる初級キャノボ)に挑戦してきました。

結論から言うと、私は164km地点の藤枝でパンク多発でチューブ不足に陥りリタイヤでした。ブログを書いている現時点でも、なかなかこの現実を受け入れることができずに次のモチベーションを探している状態です。

完走できなかった原因を振り返り、次回のトライでは達成できるよう分析し、振り返っていきたいと考えています。

後日、日記を書きますが

①日記調

②チェック(良い点・改善点・楽しいこと等の箇条書き)

の2つの視点から書いていきたいと思います。

長野マラソン2016参戦記

先週の日曜日、私的2016年春最大のイベントである長野マラソンを走ってきました。

3月に予定していた春のランニングフェスティバルin松本を引っ越しによりDNSで、その直後に入社式があり、研修があり、再び引っ越しがあり、そして配属先に勤め始めるなどと、ランのことなどすっかり手付かずな状態で、ことイベントがやってきました。

 

思えば、エントリーした昨年の11月なんて学生真っ只中、社会人になって長野マラソンに出る余裕なんてあるのだろうか、いや、ここはいったいどうしたらいいのか・・・うーむー。エントリーしよう!とポチー。

RUNNETのホームページは午前10時30分からずっとパンク状態でアクセスできない状態。ようやく動き出しか!?と思ったら、「ただいまサイトが大変混み合っています。30秒毎に自動更新されるので、しばらくお待ち下さい」とのメッセージ・・・。

30秒で更新。「ただいまサイトが・・・」

30秒で更新。「ただいまサイトが・・・」

30秒で更新。「ただいま・・・・」

うわーーーーーー!!全然つながらない。自宅からちょっと離れたところにいるので、PCからのアクセスは諦め、スマートフォンから何度も何度も頑張る。セブン-イレブンWi-Fiも駆使して、ひとしずくのワンチャンスをただただ狙う。

「確か長野マラソンは2時間でエントリーが締め切りだよな…焦ることはない。ない」

そうして待つこと15分。普段の更新とは妙にページの開き方が違う…

パッ!「エントリーする種目を選んでください。」

きたー!きたー!ついにエントリーできる!よし!と意気込んだ私は、フルマラソンの欄を押し、エントリーが無事済んだことを戻ってはスクリーンショットに収める、という行為を何度も繰り返し、無事長野マラソンのエントリーを済ますことができた。

 

エントリーをすましたことで安堵感を手に入れた私は、再び堕落した生活の予備軍的生活を送っており、卒業論文を書こうと意気込んで再び走ることからすこし足を遠ざけていた。もちろん、全く走らなかったどころではなく、なんと2月には人生初のフルマラソンとして、勝田マラソンを走ってきたのだ。走り終わった時にやってくる多幸感と疲労感。私は最初、その疲労感だけを抜き取ろうと考えて走るのをやめていたのだが、気がついたら多幸感すら忘れ、走ろうとするモチベーションも浮かばないまま、生活を送っていた。

そうして時は流れ、今年の4月。入社式を終えて、研修からの配属でOJT。どこにも走る余裕を心に持たないまま、そろそろ走らないといけないなという気持ちと、再び走り始めた時にあまりにも身体の動かなさを感じる自分が怖くて、なかなか最初の一歩を踏み出せないで、いよいよ長野マラソンまで一週間を切った。

 


研修と勤務の疲れは、精神的なもの。対する身体は怠けきっており、動かないストレスとデスクワークの連続によって、節々が張っていた。もう限界だ。そう思って、事務所務め初日の夜に外へ出た。同僚には、新しくやってきたこの街の周辺に何があるか知りたい、という適当な理由を付けて外に出た。

久しぶりに走ると、身体がよく動くのか動かないのか、それすらよくわからない。1kmほど走って、思いっきり足が上がらなくて張り始めて息が上がった辺りで、「ああ、体力落ちたな」と実感できた。結局、その日は3kmほど走って満身創痍になって、シャワーを浴びて間もなく寝た。

その翌々日くらいに、不安なのでもう一度外を走った。今度は7kmほど、まあ、明日も仕事があるなら上出来か、くらいで切り上げる。

僕が長野マラソンの一ヶ月前に走ったのは、たったこの2回だけだ。それ以外は、ほど運動らしい運動はしていない。厳密に言えば、27日前にサイクリングを40kmほどしたが、四捨五入したら30日、一ヶ月といっていいだろう。

 

続きを読む

今週を振り返って。~BRM517七里岩300にエントリー!~

先週の金曜日から、社会人として新たなスタートを切りました。

昨日までは、あいさつや時間厳守という人間としての基礎から、名刺交換や電話対応などのビジネスマナーなどを学び、それまでのだらけていた生活から一気に様変わりでした。きちんと起床する、自分のモノは自分で管理する、遅刻をしない。話を聴く。ごまかさない。

こんな当たり前のことをしっかりとできているのか、できていないのか、まあ、どちらかといえばできていなかったことが、この研修で露呈してしまったのですが、しっかりと前を見据え、怖気づかずに行動していかなければなりません。むしろここでボロボロにさらけ出されたのも変えていくチャンスなのだと考えてみてもいいかもしれません。

社会人として、そして僕自身が自分のどうしようもないミスで取り返しの付かないことを生み出したり、信用を失うような行動を極力避け、私の個性を活かしつつ、人を思いやりながら、先回り行動をするということを忘れずに生活していきます・・・

 

なんてことを、研修を通じてかんがえていました。こんばんは。

いきなり硬い文章だし、最近自転車の話なんて一切出てないじゃないか、コレじゃあランニングと陸上競技のブログじゃないか…なんていう声が聞こえてきそうです。

ホントにの時以来自転車に全く乗っていないので、まあしょうがないのかもしれませんが。

あ。来週から埼玉県民です。よろしくおねがいします。*1

 

なので、今日は久々に自転車な話題を。

ズバリですが、今年のBRMはSR獲得が目標です。言質です。

というわけで先ほど、ランドヌ東京のBRM517七里岩300 にエントリーしてきました。*2

今年2本目のBRMです。5月の時点で。この三年間で最も参加ペースが遅いです。*3

randonneurs.tokyo

なんで七里岩に参加しようなんて思ったのかというと

  1. 地元・長野に帰れる
  2. 片道ブルベ

ええまあ、ざっくりこんなところです。

ゴール地点は、松本市ホテルルートインコート南松本*4

ちなみに、七里岩っていうのはみんな大好きwikipedia先生によると

七里岩(しちりいわ)は、山梨県峡北地方にある台地。広義には、長野県諏訪郡富士見町から、山梨県北杜市小淵沢町長坂町大泉町高根町須玉町の一部を経て、韮崎市の中心地まで達する台地のことを指す。

なそうですね。またひとつ勉強になりました。今回のBRMでは「七里岩ライン」―長野・山梨県道17号を走るので、今回はその意味合いのほうが強そうですね。*5*6*7*8

 

コースを見たところ、ざっくりと登りは以下の通りでしょうか。

 まあ坂の多そうなコースです。楽しみ。

いまのうちに観光ポイントを考えておこう

  1. 小河内ダムダムカード~)
  2. 深城ダム(大月のダム)
  3. 三つ峠ヤマノススメ的に)
  4. 石和健康ランド

 

まずは、来週の長野マラソンからがんばるぞ。

 

 

 

 

 

*1:オダックス埼玉のBRMに出ようと思ったら妙に遠いところだった。がんばらないとブルベ難民

*2:七里岩(ななさといわ)なんですね。「しちりいわ」かとおもっていました。しにたい。

*3:2014年の時点ではBRM5本、2015年では3本

*4:先ほどこのルートインがどのあたりにあるんだろう、とチェックしてみたら、某社にとても近い位置でした。土曜日でもビルの明かりは付いているんでしょうか。うれしさのあまり記念撮影とかしちゃうんでしょうか。それとももうこのビルは見たくないとか思ったりするんでしょうか。(謎)

*5:このあたりはまこたさんあたりにきいてみましょう。

*6:北杜市にある「金精軒」に寄って「水信玄餅」をいただこうと思ったのですが、通過時間が午後な上、お店の側を走らなさそうなのです。隣が七里岩なので寄り道も考えましたが、200m以上復帰するには登らないと行けないので挫折です。orz

*7:ちなみに水信玄餅はアメリカだと「レインドロップ・ケーキ」なんて呼ばれているらしいです。ああああ、食べてみたい。http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/05/raindrop-cake-is-coming-to-america_n_9614648.html

*8:ばるさんが水信玄餅的なモノを作ることができるみたいです。水信玄餅ワークショップとかやってほしいです。絶対参加する。まちがいない。

GVR G-101はなかなか使えるヘルメット!

※この記事は私がサイクルベース名無し(CBN)に掲載したレビュー(http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=13897&forum=51&post_id=24115

をブログ用に転載した形となります。更に詳しく書きたいと思い、こちらのほうにも書くことに致しました。

 

GVR G-101

購入価格 ¥4,500

GVR(http://www.gvrhelmet.com.tw/index.php?lang=jp)という台湾のメーカーが製作・販売をしているヘルメットです。発売は2012年。

日本国内での販売は群馬にあるESTというインターネット上でバイク用のヘルメットを販売している業者が担当しているようです。

購入方法ですが、ESTの製品用ホームページ(http://gvr.jp/) 
または、製品名を検索すると楽天等の通販から「NEO RIDERS」というESTのホームページからこの製品を購入することができます。



【購入動機】


ヘルメットを購入しようと思い、専門店に向かったのですが、やはりヘルメットの値段は高く、きちんとしたものを買おうとすると、だいたい¥10.000はやはり掛かる…と断念。

・格好いいデザイン
・信頼が確保できる
・それでいて安いもの

というこれら3点の条件を満たすヘルメットがないのかを調べていたところ、このヘルメットをネット上で発見。おそるおそる購入してみました。


【製品概要】

[格好いいデザイン]
このヘルメット、4種類のカラーパターン×4色=全16パターンから選ぶことができます。
赤、白、黒、黄色といった単色系の[solid],同じく単色系でそこに黒が差し色になっている[Iron Man]、白をベースとして、赤、青などの差し色が入っている[Aurora][Crystal]、のラインナップです。

私のヘルメットは[Crystal]のRedを選びました。宇都宮ブリッツェンのヘルメットみたいで私の赤×黒の自転車にはとても相性が良いです。

ヘルメットのカラー・パターンがやたら目立つということもないので、いろんな自転車、ウェアとの相性が良さそうです。通常、¥4.500という価格帯ですと、これほど色の選択肢が自由なヘルメットはほとんどありません。


[信頼性が確保できた]
「¥4.500という低価格で信頼性があるのかよ?」という心配がありますが、なんとこのヘルメット、JCF(日本自転車競技連盟)の”公認”を受けており、JCFのレースで使用可能なのです。その証拠に、ヘルメットの後ろにはJCFマークが取り付けられています。



これでも不安だったので、JCFのホームページをチェックしてみたところ、
きちんと”公認”であることが示されていました。
http://jcf.or.jp/?page_id=11647 
※[id]欄の409番がこのヘルメットを指します。

※JCFによる公認ヘルメットの規定について
「本連盟は自転車競技の安全と競技としての特質を考慮し,本連盟および加盟団体の主管する自転車競技大会に使用するヘルメットを次により公認する」
http://jcf.or.jp/wp2012/wp-content/uploads/downloads/2014/11/helmet15-web.pdf

検査をパスしたということで、得体の知れないヘルメットではないということが、私の購入の決め手となりました。


【実感】


いわゆる”キノコ”頭になる心配があったのですが、実際に着用してみるとそのようなことはありませんでした。(写真は筆者)




・公称260gということで、SELEVのMatrixとほぼ同じくらいの重量でしたが、実際着用してみるとそれほど”重い”という印象はありませんでした。

・ヘルメットのサイズはフリーサイズ(54-60cm)となっており、頭の大きい私でもすっぽりと入りました。フリーサイズの良い所は、様々な頭の形状をカバーできるという点にありますが、別の視点から見てみると、特定のサイズに沿って作られたヘルメットと比較してフィット感が落ちるということが言えると思います。

G-101ではその部分を解消するために、アジャスターの可動域がかなり広く設定されており、それなりに自分に合った幅に調整することが可能になっています。アジャストの部分は、OGKのREGASのように、ダイヤル式となっています。



ダイヤル部分がとても大きく、調整しやすい設計となっている部分がGOOD。

というかこのヘルメット、少々OGKを意識しているかのようなデザインになっているのは気のせいなのでしょうか。


ベンチレーションは約19箇所。実際着用してみてもそれなりに機能していると感じました。ヘルメット前方の通気性がより良くなれば嬉しいところです。

後方部分にはヘルメット尾灯を付けれるくらいのスペースがちゃんと確保されていました。
ということで、ここにはBikeguyのトライスター レッドを装着。*1 



夜間走行時の際、車両からの視認性確保には大きく役立つヘルメット尾灯をうまく装着できることもこの製品のGOODなトコロだと思います。

裏側のパッドはわりと剥がれやすいです。


半年~1年間に一度は交換するようになるかと思います。このパッドもEST社から楽天等の通販で購入することができます。

www.amazon.co.jp

 

【まとめ】


低価格の割にはしっかりとした性能を持っているヘルメットです。
カラーバリエーションも豊富で、フリーサイズ。そして何よりJCF公認。

「自分にあったヘルメットってまだわからない」とか「学生でお金があまりないけれど、安心感のあるヘルメットが欲しい」という方には特にオススメです。

重ね重ねになりますが、
この製品は、この価格ながらJCF公認であるというところが重要な点だと思います。

※ちなみに、同社のG-103、G-203VはJCF公認ではなく”推奨”です。推奨だとレースに出れないので間違いのないよう。

価格評価→★★★★★(ヘルメットは安いものは良い物というわけではないですが。)
評   価→★★★★☆(この値段でJCF公認という信頼性と、満足できる機能を踏まえて。)
<オプション>
年   式→2012年 購入は2014年3月
実測重量→ 240g

*1:ロングライド界ではトライスターレッドの人気が爆発的に高いです。電池の取り外しにドライバーが必要になることはネックですが、その要素を払拭できるくらいの性能なところがGOOD。

福男参戦歴 2015 関東からやってきた

 

 はじめに

 

 

f:id:o_sworks:20160331100559j:plain

2015年の年明けに、僕は「福男選び」に出るために、東京から単身兵庫県西宮市まで遠征したことがあります。

 

同期は、大学の友達にそそのかされ、「一緒に出ようぜ!」と言われたこと。気づいたら単身でトライすることになりました。

で、右も左も分からない人間が弾丸で福男選びに出たらどうなったのかということを、この記事では書いていこうかなと思います。

 【福男選びって?】

福男選びー正式名称を「開門神事福男選び」と呼ばれるこの神事は、毎年1月10日の午前6時に行われます。神社の門から一斉に人が全力疾走をする光景はテレビで一度は見たことがあるのではないでしょうか。

アレです。

今回は、「初見で行ける西宮福男選び」をテーマに、はじめての方でも、地方在住の方でも福男に出るにあたってのガイドみたいなことを書きました。*1

 

 【誰を対象に書くか】

今回のターゲットは

①福男選びに関西圏以外から行きたい人(今回は関東圏を中心に)

②ホテルにできるだけ頼らず、弾丸でいきたい人

この2点に該当する人を参考に話を進めていきたいと思います。

言い換えると、

・地元在住でない+地元の人間のサポートがない

・関東から単独で参戦してきたかつ、ホテル泊を選択せず福男に挑む方

が対象ともいえます。

更に、③運良く抽選を突破し、開門と同時にスタートできる320人中のひとりになった人 *2も対象です。筆者は2015年の福男選びで320人中のひとりとして参加したので、基本はその経験から話していきます。

 ※ちなみに筆者は260番手くらいからのスタートでしたが、開門と同時に前のおっちゃんが盛大にコケたため、私は赤門に肩の切り傷をつけ、早くも戦線離脱することになってしまいました。福男選びは位置取り合戦です。

 

【福男選びに参加するにあたり、心がけておくこと・知っておくこと】

・誰でも参加できるのか?

福男選びに参加する前、僕はその単語をイメージすると、「大勢の男が神社の門から一斉に走り出していく」ということで、「男」しか参加できないお祭りなのだと思っていました。

ですが、そんなことはぜんぜんないのです。女性も参加できます。というか、性別は関係ないのです。毎年一番福を貰うのが「男」なので「福男」と言われるようになったのでしょう。

では、女性の場合何と呼ばれるのでしょうか?過去何度も二番福になり、現在は円滑に神事を進行させるための実行委員会「開門神事保存会」の講長でもある平尾亮さんは以下のように記述しています。

補足:
「福男」という呼び名ですが、老若男女誰でも参加できます。近年では特に女性の参加者が増加し、参加者の2~3割は女性が占めるようになりました。(女性が3番までに入ると「福女」として認定されます) 「福男選びとは?」より

まだ「福女」の称号を貰った方は2016年現在まだ出ていません。僕が参戦した時にも女性の参加者はチラホラいました。

・真剣一本勝負

福男選びは年に一度だけ、1月10日の午前6時にスタートすることが決まっています。何曜日だろうがそれは関係なく、です。ちなみに、後述するスタート位置を決める抽選は前日の夕方から行われているので、福男を目指している人はそこもチェックしておくべしです。

 

・厳しい参加規定

先述の通り、福男選びは”神事”です。つまり、神社で行われる厳粛な行事のひとつであります。また併せて、その神事に参戦する数千の人間が、細い神社の参道を駆け抜けていくスポーツ的要素も内包されている行事でもあり、そこには危険性が伴います。

神事として開催しつつ、安全を確保する。この2要素を成立させるべく、開門神事には厳格なレギュレーションが3つ設けられています。

(1)走ることに適した紐付きの「スポーツシューズ」を着用していること。

   認められない例:靴ひものないもの、ゲタ、サンダル、ブーツ、ハイヒール、革靴、カジュアルシューズ等

(2)安全で、神事に参加するのに相応しい服装をしていること。
   
認められない例:スカート、ズボンをずり下げたファッション、コスプレ、被り物等
  
(3)その他、小学生以下、および係員が相応しくないと判断した者は不可。        

                   (平成28年(2016年) 開門神事福男選び情報より)

 

 この3つの規定を満たすことができない人は、走ることができません。

規定チェックのために、列に並んでいる際も実行委員からの指摘が入ります。実際に私が列に並んでいた際にもダボついたスウェットやクロックスでやってきた人は、容赦なく運営側に発見された後、列から外されてしまった光景を見ました。列から外された後、規則に準じた服装に着替えたからといって列に復帰することができるかといえば、答えは”NO”。格好が乱れている時点で神事に参加する権利は、どこにもないのです。 

厳しいと感じる方もいるかもしれませんが、実際走って見ると厳しくしてくれてありがとうという感想しか湧いてきません。ただでさえ将棋倒し寸前の人雪崩れが発生する状況下なのに、ふざけた格好が原因でムダな転倒が発生するなんて事は御免です。

また、後述する先着1500人のうちに入った場合、「開門神事参加心得」という実質的な参加同意書にサインする必要があります。以下のような書かれていますので、必ずチェックが必要です。

(1)走るのに適した服装をすること

(2)迷惑をかける者は参加させない

(3)上位3位以内に入ったら、年3回の行事に参加していただく*3

(4)ケガは自己責任(応急処置はするけど)

ameblo.jp

f:id:o_sworks:20160331100830j:plain

 これが「参加心得」。

 *4

・抽選による位置決めー

福男選びでは開門前、最前列からスタートできる「Aブロック・Bブロック」の320名を決めるくじ引きを行います。

このなかでもAブロックに入らない限り、福男にはなる可能性は非常に難しいものになります。。開門と同時にスタートできるのはたった320名だけ。あとの人達は、開門からほんの少し待ってからスタートなので、240mと短く、狭い西宮神社の参道で抜くことは容易いことではありません。

そして「A・Bブロック」入りを決めるくじ引きに参加できるのは、前日の夕方ごろから並んでいる抽選列の先着1500名まで。だいたい9日の午後8時30分あたりがそのボーダーラインとなります。*5これ以上遅れたら何かラッキーな事ない限り、最前列に並べません。

 

f:id:o_sworks:20160331101106j:plain

 

 実践編:前日~当日はどのように行動していくか

 【移動編】:交通手段はどうするか

では、福男選びに参加するにあたり、どのように行動していけばよいのでしょうか。

西宮までの移動手段は主に関東圏の場合、3パターンに分類することができます。

この三種類です。

最短ルートは、新幹線と飛行機。新宿から約3時間30分、東京駅からでしたら約3時間で西宮神社に向うことが可能で、これは午後4時に出発したとしても西宮には7時半ごろ到着する計算となり、都心で働いていふ社会人でも半休申請や早引きをすれば、仕事後に福男選びに参加することが可能です。*6

バスですが、大阪行きの夜行バスがバンバン出ているので、それを利用してみるのが策でしょう。うまく行けば片道6000円程度で向うことができます。

 

【当日の宿泊場所はどうするか?】

漫画喫茶・コインロッカーについて

以下の地図に後述する漫画喫茶・コインロッカーの位置を記載したGoogle mapを添付致します。参考になれば幸いです。

 

 ※ちなみに、コインロッカー(駅)だけアルファベット順に記載されていますが、これは筆者が勧めたいランキングでもあります。利用しやすい順に並べたと言い換えてもいいのかな。

※できるだけ、野宿(謎)はしてほしくないので、漫画喫茶を地図に落としてみました。ちなみにこの時期の西宮は当然の如く寒いです。

※今後、情報が増えていけばその都度更新する(かもしれません)。

※グルメスポットや聖地巡礼ポイント(謎)は気が向いたら更新します。

仮に福男選びを本気で狙う場合、おそらく最大で3時間ほどしか寝れないでしょう。

というのは、先述したスタート位置を決めるくじびきの開始時刻が遅いからです。

 

 

無事1500人の抽選をパスし、くじを引けるのは10日の深夜0時から。そして無事A・Bブロックで走れることが決まった場合ですが、再び西宮神社前の正門に集合する時間がとても早いです。ブロックごとによって集合時間は異なりますが、だいたい午前3時や4時。多く見積もっても、わずか2時間半しか睡眠時間を確保できないのです。

私が参加した2015年の参加者レポート(青クジを引いた人)がありましたが、やはり午前3時でした。赤くじ(最前列の人)だと集合時間が違うらしく、Aブロックの人は4時に集まっているような記述が。

その短い時間でいかに睡眠を確保するか。睡眠が勝負を左右することがあるのです。

 

※2006年に参加した方のブログを読んでいると「4時半に再集合した」とかそういう情報があるみたいですが、近年は集合時間が早くなっているみたいですね。

 

宿泊/仮眠方法

  • ホテルで宿泊
  • 漫画喫茶
  • レンタカーで車中泊

この3点の手段が考えられます。

「ホテルで宿泊」

ホテル泊のメリットは、後述するコインロッカーの使用が不要で、荷物を預けることができること。ですが、西宮神社周辺はビジネスホテルの数が少なく、最も近くて阪神西宮駅隣りの今津駅にあるホテル千歳西宮神社から約3km)です。西宮神社からの距離が遠くなればなるほど、仮にAブロックからのスタートとなった場合早起きしないといけないので、睡眠時間が削られてしまいます。

それ以外ですと

HOTEL シティーイン 西宮U's香櫨園などのラブホテルしかありません。

もしも屋根付きの建物で寝たいと考えているならそれを使うのもひとつかもしれません。当然ですが、ラブホテルの場合荷物預かりは基本ありません。

 

「漫画喫茶」

西宮神社周辺で一番近いのが、

コミックバスターは2015年の遠征で利用しましたが、午前1時にダッシュで駆け込んで最後の一席を確保(しかも椅子席でした)できたレベルで、行けば泊まれるという保証はありません。あと、荷物預かりがないのでコインロッカーを利用する必要があります。

 

車中泊

前述したホテル(ラブホテル)泊や、漫画喫茶よりも確実で、駐車場さえ確保できればそこで仮眠することも可能です。

阪神西宮駅の近くには、「トヨタレンタリース神戸阪神西宮駅前店」や「ニコニコレンタカー阪神西宮駅前店」「日産レンタカー阪神西宮駅前店」など、幾つものレンタカー点が存在します。

そして駐車場ですが、阪神西宮駅の周辺にはタイムスが2箇所、リパークが2箇所、ショウワパークが1箇所、市役所前の公共駐車場と、こちらも駐車する場所に困ることは無いかと思われます。コインロッカーを借りる手間もありません。

 

ファミレスという手段も考えてみましたが、阪神西宮駅近くにはサイゼリヤくらいしかない(しかも午前2時まで)ので、財力に余裕のある方やしっかりしている方はホテルや車中泊をするのが賢明かと思います。

福男に参加している方のブログを見ると、車中泊を実行している参加者の方は結構多く、私が見た限りでは車中泊or自宅に戻るor満喫。このいずれかに絞られます。

 

コインロッカーを利用する(漫画喫茶、ラブホテル泊は特に)

漫画喫茶やラブホテル泊の場合、荷物を預けることができないので、荷物がかさばる場合はコインロッカーを利用する必要があります。

 

コインロッカーを利用する方の移動手段は徒歩であるという前提のもと、自分の集合時間に十分に間に合うことを加味して、西宮神社から徒歩20分圏内の駅にあるコインロッカーを絞り込むことにしました。

さてその駅ですが、以下の4つです。コインロッカーのサイズ、ロッカー数、場所、利用時間それぞれ駅によって異なります。なので細かく分類し、どこが利用しやすいロッカーなのか、西宮を訪れる前に検討してみることにしました。

以下、私の主観ですがオススメ順に並べております。

*7

 

オススメ順で並べた、と先ほど書きましたが、この中でも特に私がオススメしたい駅は阪神西宮駅香櫨園駅です。

阪神西宮駅

阪神西宮駅西宮神社から丁度1キロと、比較的近い距離にあるのでアクセスは良好です。また、コインロッカーも駅の両側にあるため個数も多いです。

ただ、この地域でも大きい駅であること+西宮神社から近い ということから、前日には殆どのロッカーが埋まってしまいます。2015年に筆者が参加した際は前日の9日、午後4時に西宮駅に到着したのですが、殆どのロッカーが埋まってました。なので早めに確保することがミッションです。

 

香櫨園駅

阪神西宮駅でもコインロッカーが確保できなくなった場合、穴場でオススメなのが香櫨園駅でした。西宮神社から500mほどしか離れていないのに、コインロッカーは殆ど空いているのです。阪神が全部「利用中」の表示なのに。

というのも、香櫨園駅のコインロッカーはこの周辺では唯一駅構内にあるタイプなのです。つまり、終電と共にロッカー荷物の出し入れができません。

 パッと見すこぶる不便なのですが、西宮弾丸組にはいいセーブポイントになるのです。だって1度荷物を下ろした後、走り出すまでは基本的に走れる格好で過ごすことを実行委員会がルール付けているのですから、くじ引きが終わったあとコインロッカーに向かうようなことはないのです。ラブホテル、満喫勢にとっては有効利用の手段の一つとして機能するはずです。

 JR西宮駅

JR西宮駅は、一見名前だけ見るとJRということでそれなりに充実した施設環境が整っていると想像する方も多いかと思いますが、福男的にはこの駅はあまりオススメできません。まず、神社から駅まではとても遠いということ。徒歩30分近くかかってしまうため、何か取りに行こうと思っても神社からの距離を考えると相当のタイムロスになってしまいます。

更に、コインロッカーが12個しかなく、9日の時点で満杯になっている可能性が高いです。というか、福男でなくても普段から利用されている方々も多く、殆ど埋まっています。あまりお勧めしません。

スタートまでの流れ:服装は?スケジュールは?

さて、長時間列に並び続け、なんとか先着1500人以内に入り、開門神事参加心得にも必要事項を記入しました。

いよいよ、スタート位置を決めるくじ引きです。

くじを引く順番は、先ほど並んだ順番通りにそのまま引きます。赤色のくじを引くとAブロック、青色のくじを引くとBブロック、それ以外はハズレとなり、Cブロックからのスタートとなります。

改めてですが、A・B・Cブロックがどのような区分けなのかを簡単に書いていこうかと思います。

Aブロック=福男の最低条件はココ!

Aブロックは100人。赤門の最前列から

Aブロックの最前列は、いわばF1でいうポールポジション*8の位置なのです。

 

 

f:id:o_sworks:20160331100652j:plain

これが引換券。これをなくすと走れなくなる可能性もあるので注意。

f:id:o_sworks:20160331101242j:plain

ブロック通過の御朱印。不正がないよに徹底的にチェック。

そしてCブロック(はずれくじを引いた人・抽選に参加していない人たち)は午前4時~4時半くらいから先着順で並ぶことができます。このブロックの人たちはA・Bブロックの人たちが出発して少し間が空いてからスタートとなります。

 

ameblo.jp

 走る際に持って行くべき服装

午前3時に呼集がかかると、基本的にスタートの午前6時まで半分拘束されたようなものです。再度のルール確認、お祓いや実行委員とのご挨拶などなどです。この時間は

この時間は、ボルテージを少しずつ上げていく時間です。高揚感に押され、これから共に走るその日会ったばかりの参加者と仲良くなることがあるのも特徴です。*9*10*11

さて、拘束時間の中服装はどうするか?コインロッカーに荷物を取りに行くこともできません。

【仲間がいれば】

4時半と5時半くらいに行われるウォーミングアップは、拘束が一時解かれます。この時間を利用して服を着替えたり、荷物の預かりが可能です。それ以外はコミュニケーションをとることくらいでしょうか。出走者の周りを警備員が囲んでいるため、やりにくいです。何もしないことがベストかと思います。

【単独の場合】

単独参戦の場合はどうでしょう。2015年に参加した際の私は、周囲に知り合いもおらず、孤立無援、まるで硫黄島の日本兵です。途中で厚着から薄着になることもできない。

ならばと思い、以下の格好で臨みました。

・インナー一枚

・サイクルジャージ(半袖)

・アームウォーマー

・ウィンドブレーカー(上下)

・アンダータイツ(スパッツ)

です。 イヤーカバーや手袋も持っていくとよりベストです。とにかくオールラウンドに対応することを心がけ、参加しました。ちなみに、他の参加者もわりかし厚着です。ランパンランシャツのヘンタイさんはいませんでした。スウェット風の人もいました。なので服装に関しては風邪をひかない程度に動きやすい格好であれば、あとはどういう格好でもオッケーです。

 

というわけで、あとは走り出すだけ。

このブログ記事が読まれるのはたぶん年末とか年明けになるかと思いますが、そこで福男を目指している方の参考になって頂けたらたら嬉しいです。

では、皆さんの無事を祈って! 

 

 

 

*1:「初見で〜」っていうところはアーツさんの影響をモロに受けています。詳しくは虹色志向の自転車マガジン「シクロポリスVol.9」を参照してください

*2:門の前に並ぶ人を決めるために、福男では2回の抽選を行います。それについては後述。

*3:義務だったりします。必ず誓約する必要あり。

*4:↑のブログにも書いてありますが、1つでもサインし忘れると失格扱いになって福男になる権利を事実上失ってしまうみたいですね。恐ろしいぜ実行委員会。

*5:2015年に私が参加した際はそうでした

*6:できれば、走る前に下見をすることを推奨します。お昼くらいから出発できる人は西宮に着いたあと幾分余裕があると思います。普段神社の参道を走るようなことはないと思うので、ぜひチェックを。

*7:リンク先のサイトですが、全国各所のコインロッカーが設置されている駅を写真付き、かつコインロッカーの大きさ、料金、個数まで抑えておりとても便利です。いったいどんな暇人だかわかりませんが、このような方のおかげで前回は遠征を行うことができました。感謝です。

*8:最前列レーンのこと。スタート位置が最も前ということは、当然ですが後ろの位置からスタートするよりもフィニッシュ地点から最も近いということにもなるので、ここはハズせないところなのです。

*9:2015年はまず最初に「開門神事保存会」の実行委員による挨拶とかからスタートしました。歴代の福男選びで一番福になった方々が実行委員を務めており、この方達がいるおかげで不正も危険も極力抑えられた運営ができていると感じました。この場を借りて御礼を申し上げます。

*10:陸上をやっている方なら、過去5回一番福になり、100m10.42のベスト記録で走っている吉田光一郎さんも「開門神事保存会」の一員として参加していました。アレです。「福男スプリンター」の人です。僕は中学生の時からホームページを見ていたくらいのファンだったので、お会いできて嬉しかったです。

*11:ちなみに2015年は出走前に黄色い軍手を渡されました。これは岩手県釜石市東日本大震災を機に、福男選びを参考にして生まれた「韋駄天競争」の人たちとのつながりを意味するらしいです。2014年に韋駄天になった方がこの日やってきました。

【都内ゆるぽた】玉川学園・尾根幹夜景ライド

3/18(金)の夕方、今年度最後の都内ライドに行きました。

学生生活、都内で自転車に乗るのはこれで最後。自転車を初めて早2年半の自転車生活はこれからも続きますが、スタートの地を3/19(土)付で去ることになったのです。いったん帰省して、働き始めたらどうなるかというところ。

最初に玉川大学近くに用事があったので、鶴川街道沿いを走って用事を済ませ、帰りは鶴川街道を経て若葉台から尾根幹へ浮上、去年がくさんやばるさんたちと練習したコースを図らずとも走ることになりました。

 

 

【ラン】松本春のランニングフェスティバル(2016)はDNS.ここ2年間の大会を振り返る

 

f:id:o_sworks:20160317183902j:plain

春の松本ランニングフェスティバル(通称春ラン)」が今週末の3/19(土)に行われます。残念なことに、当日私は引っ越しで東京から長野市内に帰省することになったのでDNS(did not start つまり出走せず。)する流れとなり、走ることはなりませんでした。*1

この大会は3年前から松本で行われるようになった大会で、コースは松本空港脇の松本平広域陸上競技場(通称:スカイパーク)とそれを囲む公園内のサイクリングコースとなります。runnetの大会レポート・口コミを見ていると、長野マラソンの前哨戦として走っているランナーも多いらしく、評判は高い(良い)大会です。

私は過去2回(2014年と2015年)に出場し、今年も…と意気込んではいましたが、上記の理由から出場していません。

まあレースが近づいているということで、過去2回走ってみた感想をつらつらと書いていこうかななんて思っています。

 

※以下の内容は2014、2015年に参加した際のことを振り返って書いています。現在と比較して「ここが違う」なんてことがいっぱいあると思いますが、そのへんはご了承ください。 

※ちなみに筆者のタイムは、ここ二年間2時間ジャストあたりを推移しています。

 

また、春ランはハーフマラソン/10km/2kmとカテゴリーに分けられていますが、筆者はハーフマラソンにしか出たことがないので、今回はハーフマラソンを中心に取り上げていきたいと思います。

レース時について

雰囲気は牧歌的

ハーフマラソンのスタート位置は、一部の招待選手を除き

 

コースは単調、しかし景色は良い

f:id:o_sworks:20160317183859j:plain

この大会のコースは、いたってシンプルです。

f:id:o_sworks:20160317192411j:plain

ハーフマラソンは、陸上競技場をスタート/ゴールに、公園内のサイクリングコースをぐるっと戻る1周約10kmのコースを2周して行われます。制限時間は3時間と、ハーフマラソンの中でも比較的のんびり走れるのではないでしょうか。2014年、2015年、2016年でコースが変更されることはありませんでした。

公園内のセクションは、松本空港滑走路の周辺をぐるっと廻るように設計されているため、レース中に離着陸する航空機の姿を間近で眺めることがありますが、とても圧巻です。レースのことを忘れてしまうほど。

飛行機を見ることがない場合、基本的に空港周辺の公園を走るレースですから、終始開けた野原を走ります。

 

f:id:o_sworks:20160317192313j:plain

写真にすると、こんな感じでしょうか。

 f:id:o_sworks:20160317192329j:plain

公園内にある白い遊歩道を走るランナーの姿は、まるでストラーデ・ビアンケ。*2*3

f:id:o_sworks:20160317192348j:plain

そしてコース自体は小さいアップダウンが何回も、波状攻撃のように繰り返され、ランナーの脚を攻撃してきます。繰り返されるので、途中から自分が何処を走っているのか段々判らなくなることがあります。このセクションを以下に継続的に走れるかが鍵です。飽きる人は飽きるかもしれません。

エイドがあたたかい

マラソン大会には当然のように付いているエイドステーションですが、この大会、14年,15年共に、一周あたり3箇所にエイドステーションが設営されていました。

  • スタート/ゴールから300m地点(2周目から)
  • 3km地点
  • 7km地点

といった感じ。エイドステーションは基本的に「水」が提供されます。スポーツドリンクやバナナといったものは、レース中に提供されないので、ハンガーノックが気になる方や補給をとりたい!という方はリュックなりサコッシュなりポケット付きの装備をつけるなり、工夫を入れたほうがいいかもしれません。

ちなみに、エイドステーションのあるポイントは地元の小学生ダンスチームが音楽に合わせて踊っていたりするのでとてもわかり易いです。ハイタッチして心の交流(謎)を図ることもできます。応援があるとやはり出せるパワーが違います。超ありがたい。

先ほどバナナやスポドリが出ない、と書きましたが、ゴール後すぐに参加賞として、バナナ・味噌汁・おにぎり・スポドリのエイドが用意されています。寒さにやられた身体に豚汁のあたたかさが全身に染み渡ります。ビールを飲んで「このために生まれてきたんだよなぁ!!(ダンッ)」と気持ちよくなる親父のように、豚汁を飲むと同様の気分が味わえます。てか実体験です。ぜひ読んでるあなたも豚汁飲んでこの気持ちを体感してください(謎) 

 

f:id:o_sworks:20160317183900j:plain

スタート直前に地元の子供達がチアリーディングで声援を送ってくれました。なかなか華やかで面白い(笑)*4

*5

記録証はゴール脇ですぐ貰えます。受付時に貰ったゼッケンにつけてあるタグで計測するタイプです。RUNNETがサポートしている大会らしいので、信頼感はそれなりにあります。

 

寒い時は寒いです

3月下旬の松本は、なんだかんだ都内と比較して寒いです。2014年はちらつく程度でしたが雪が(この日の気温は最低気温-3℃、最高でも9℃)、2015年は強風で心が折れそうに(最低気温2℃、最高気温16℃)なりました。

というわけで、それなりに寒気対策は欠かせません。アームウォーマーなりレッグウォーマーなりを装備して備えたほうがいいかもしれません。ちなみに、今年(2016年)の土曜日の天気予報は雨(降水確率70%)と表示されていることもあり、やや波乱の展開となりそうです。

 

f:id:o_sworks:20160317183856j:plain

晴れると競技場から周辺を一望できます。

それにしても、僕がランニングを初めて何気驚いたのが、ゴミ袋をポンチョ代わりにして走っているランナーの存在。なんと多いこと多いこと、雨天時にかぎらず寒い時には大勢のランナーがそうしているのですから。そういう装備をするのはランドヌールくらいだと思っていたので少々驚きです。

準備編

移動までのインフラ整備はOK

地方の大会だけあって、駐車場料金は無料(1,000台)となっています。あと、会場の松本平広域公園自体、駐車場が何箇所もあるので一番近いところが満車となっていても別の場所に駐車することでなんとかすることができます。*6

また、車ではなく電車で来る方にはシャトルバスが。松本駅アルプス口)すぐから15分~20分間隔で運行しているみたいです。2016年大会は無料で乗れるようになった上、バスが8時代まで出るようになっているので遠方からの参戦も容易になったのも魅力的な点です。

実際参加者リストを見てみると、首都圏・北陸地域からの参加者をチラホラ見ることがあるので実際参加しやすいのでしょう。

ちなみに、コインロッカーと更衣所は数に限りがありますが、利用することができます。荷物預かりサービスもあるみたいなので、利用してみるのもまたひとつでしょう。

 

 

この記事を読んだ方と、いつかスタート会場で会えれば嬉しいです。それでは良い旅を!

f:id:o_sworks:20160317183857j:plain

 

 

*1:季節の分かれ目程度に長野には戻れればいいなとは思っているのですが

*2:イタリア語で「白い道」のことで、毎年3月中旬にイタリアで行われる自転車レースの名前でもあり、レースだと白い砂利道を走ることで有名。幸い春ランは舗装されているので大丈夫です(謎)

*3:といっても、白い道を走る区間はあまりありませんが。更に言うと、本家ストラーデ・ビアンケは砂利道ですが、春ランは一切砂利道がありませんのでご安心下さい。

*4:ふぃりっぷさんを誘えばどうだろうか?

*5:

f:id:o_sworks:20160317192841j:plain 完走後に撮影してもらっていました。突然のことなのに感謝。

*6:そんなに混雑しまくることもないと思います。仮に競技場から遠い場所に駐車することになった場合、それなりに歩くことは考えておいたほうがいいかもしれません。